高級賃貸スピリッツ

魂のレポーターが高級賃貸マンションのアピールポイントを紹介

8高級賃貸の比較基準は立地、間取り、環境と耐震性

高級賃貸マンションの選び方

高級賃貸マンションには、それなりの収入がなければ住むことができませんので、どのような基準で選べばいいか分からないと言う人も多いと思います。
簡単には住めないから高級と言う言葉が使われている訳ですから当然ではありますが、一般に賃貸マンションを選ぶ時には立地条件、間取りプラン、家賃の三大要素が重視されます。
この他に周辺環境も当然重要な部分と言えますが、高級マンションではこの三大要素を気にする必要は無いと言えます。

高級賃貸は立地、間取り、周辺環境と全てが高水準

高級マンションは、最高の立地条件と贅沢なデザインや間取りプランをはじめから持って作られていますし、家賃が高額なことがステイタス性の高さに繋がっていると言えます。
高級マンションは、ほとんどが展望の良い高層建築となっていますので、建物本体の構造が重要となってきます。
近年の建築業界では耐震性能の高さを重視するようになっていますが、高層建築が多い高級マンションも例外ではなく、耐震性能の高さが重要になってくると言えます。

震災への備えも十分な都心のタワーマンション

マンション建築では、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造が主流となっていますが、耐震構造から制震構造へと発展し、現在では免震構造が主流になりつつあります。
耐震構造とは構造体の強度で地震の揺れに耐える構造を言い、制震構造とは揺れを吸収することで制御する構造となっています。
免震構造とは、地盤と建物の間に免震装置を組み込むことによって地盤と建物を切り離し、建物に直接揺れを伝えない構造となっています。
高層建築の多い高級賃貸マンションでは、揺れが増幅し収まりにくい性質がありますので、建物を揺らさない性質を持つ免震構造が適していると言えます。
これからの高級賃貸マンションは、構造と耐震技術で選ぶ必要があると言えます。

2013年09月20日

魂の生活レポート記事一覧

高級賃貸の比較基準は立地、間取り、環境と耐震性
高いセキュリティが魅力の高級賃貸マンション
高級賃貸マンションに住む人が感じるメリットについて
高級賃貸マンションはビジネスでの成功者の証